研究室の活動(遊び)の記録&店主の世間話・・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 原因発覚 | main | また来ます >>
卒論発表会のためのパワーポイント講習会2010
この時期になるとこのネタで

随分アクセスが集中したりでちょこっと今年は整理も兼ねて。

 ・

ちょっと遅いかもですが・・・来年のため(^_^;
作業の要領(発表10分仕様)

0.まずは時間配分を考えます
(これは手書きをオススメします。)
-----------------------------------------
 □たとえば・・・・
   目的・1分(研究背景)
   本論・8分(研究の方法・調査結果(グラフ?)・作品解説(制作など))
   まとめ・1分(結論・考察など)


1.絵コンテをつくる
(これは手書きをオススメします。)
-----------------------------------------
 □Powerpoint(以後パワポ)ですが・・・
  簡単にいっちゃうとパソコンでする紙芝居です。

 □まず目安となるスライド枚数を設定します
  折角作った大事な成果ですからしっかり見せたいトコロ
  ・20〜30秒/枚で組んでみる
   (これで間延びする場合はアニメーション(後述)をオススメ)
  ・特に長く解説したい図なんかがある時は1分/枚もあり
   (これは明らかに間延びするのでアニメーション(後述)をオススメ)
   (逆に写真の紹介だけだと10秒/枚なんてのもあります・・が)
 □そんな想定で仮の枚数を決める
  ・例えば前の例を均一30秒/枚で組むと、
   表紙1枚+目的2枚+本論16枚+まとめ2枚=計21枚
     ↓
 □そのスライド数に合わせて
  まとめをコンパクトに導き出せる図・表・説明を論文から精選
 □内容をみてあらためて時間配分を確認
 □最終的に再調整してスライド枚数を確定


2.材料を用意して、実際に原稿&画像スライドを作ります
-----------------------------------------
 □論文・要旨・Excel・画像データ・・・すべてをご用意下さい。
 □焦らずとも・・・パワポはWordと操作は同じです(笑)。
   (なんせどっちもMicrosoftの商品ですので)
  ・レイアウトもパワポが提供してくれます
   (原稿だけ・写真or図だけ・原稿&写真or図・・など)
  ・ページを追加する方法だけが異なります。
   (スライドを追加・・・でページを増やします)
  ・色&デザインはこれもパワポが提供してくれます
   (自分のに適した物を選んでください)
  ・文字の大きさ(最小)
    タイトル36Pt、本文24Pt、図表内18Pt
    (うちの機材と一枚に入れられる分量から)
 □でもって具体的にする作業は・・・
  ・論文からの場合・・・・コピペ
   (ただし原稿は簡潔に、箇条書きにします)
    ・画像ファイル・・・・・画像の挿入
   (論文本体の図はそのままコピペです)
 □これでもって・・・目標枚数のスライドを用意します。
  〜実はこれで完成、これで充分戦えます∠ ̄- ̄)。〜


3.詳しく見てもらいたい場所に飾りを付ける
-----------------------------------------
 □うちの場合演台でしゃべる=スクリーンの前で踊れません
 □なので注目してもらいたいトコロを差す必要があり
     ↓
 □描画ツールを使って注目して欲しいところに飾りを付ける
  ・アンダーライン・矢印・○・△・□を付ける。
    ・ パレットの使いかは・・・これまたWordと同じ!


4.アニメーションを付ける
-----------------------------------------
 □アニメーションを付ける言われても・・・あのアニメでなく。
 □原稿・上記の矢印・アンダーラインなどに動きを付けことを言います。
 □アニメーションをつける目的
   ・このタイミングで見て欲しい箇所を指示するため
    (図・グラフなど)
   ・順番にお話をしたい
   (箇条書きなど)
   ・あまりにいっぱい強調項目がある
   (スライドが図形だらけになった(^_^;)
     ↓
 □付けられる動きは3種
   ・開始(出る)・強調(変化する)・終了(引っ込む)
 □つけるコツ
   ・ あまり遅い動きは付けない
   ・移動距離が長い動きは意図がなければつけない
    (共にしゃべりが動きにひっぱられるのでしゃべりにくい)


5.あとはしゃべりの練習をするのみ
-----------------------------------------
  □時間配分は既に決めてますから簡単
  □紙芝居ですから・・・スライド毎に原稿をつけていきます
  (といっても・・・卒論本体からのコピペを語尾修正するだけですが)
  □ 原稿は300〜400字/分で。
  (といっても全体の目安ですけど)
  (そもそも店主・・・原稿作らない(笑))
  □折角の成果です。ゆっくり堂々としゃべれるのがよろし。

-----------------------------------------

超・個人的なマニュアルであることをご承知の上、ご参考ください。

もっともこれで堂々と8年も学科の講習会してますけどネ(^_^;。
スポンサーサイト
COMMENT